/ #freelance 

理想の会計ソフトfreeeで確定申告した時に感じた3つのメリット

皆さん確定申告ってめんどくさいと思っていませんか?
会計ソフトFreeeを使うと確定申告の手間を最小限にすることができます。
今回は会計ソフトFreeeを実際に4年使ってる経験を元にメリットを3つ紹介します。

その1: 簿記の知識が一切いらない

Freeeの入力の基本は1レシートの情報を1取引として入力します。

それが計算されて合計されると、確定申告に必要な書類が自動生成されるところです。

この点が一番いい所で、確定申告に必要な簿記知識をFreeeが肩代りしてくれます。

その2: 確定申告の機能が成熟している

キートップ

確定申告を作成するのがとにかく簡単です。

基本画面の説明に沿って、入力項目を一つ一つ入力していくとほとんど完成します

一度入力した確定申告の項目も、何度も入力をやり直しできるので、
間違った所や自信がない所を何度も確認、入力して正確な確定申告を作り易いです。

そしてクラウド会計ソフトなので、確定申告の制度が変更した時も早くアップデートして対応されるので、
単なるローカルのソフトよりメリットが大きいです。

その3: freeeから直接電子申告が対応している

これが正直最大のメリットです。

Freeeの電子申告機能は、e-taxの入力をラップしてFreeeで入力した確定申告をオンライン提出できることです。

e-taxで同じ内容の確定申告項目を入力するのはサイトも重いし、超めんどくさいです。
Freeeで出力した確定申告項目を再度入力することなく電子申告できるのは、
同じ作業を繰り返したくないプログラマーにとってはとても魅力的です。

しかし事前準備するマイナンバーカードや最初のアカウント登録は、意外と面倒くさかったので2回目以降の確定申告の方が簡単になると思います。

おわりに

以上が会計ソフトFreeeで確定申告を実際に行っている自分が感じた3つのメリットでした。

フリーランスは自分で確定申告をする必要があるので会計ソフトを選ぶ際には参考にしてみてはいかがでしょうか?

このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての有益な情報をつぶやくので、いいなと思ったかたはTwitter 札幌のフリーランス@クラウドランス望月フォローをお願い致します。

フォローする

それではみんなさん、確定申告めんどくさいけど、何とか効率化して頑張りましょー