/ #フリーランス 

フリーランスの仕事の探し方【定番編の3つ】と【令和時代の裏技編】

フリーランスのプログラマーってどうやって仕事探せばいいの?
知り合いとか人脈とか?ランサーズとかエージェント?
それ以外に何かいい方法ないのかな。

今回はこんな質問に答えます。

フリーランスエンジニアの仕事の探し方で主要なのは以下の3つです。

  1. フリーランスエージェント会社からの紹介
  2. ランサーズ、クラウドワークスで仕事を探す
  3. 知人、友人、人脈経由でに紹介してもらう

基本はこのような探し方になると思うのですが、最近は令和時代の新しい仕事の探し方がでてきました。

それは以下の3つです

  • Twitterで仕事募集してますとつぶやく
  • オンラインサロン発動のプロジェクトに参加する
  • フリーランスコミュニティに入って案件を探す

これはなんだか新しいですね。
Twitterで仕事とか探せるの?って思うかもしれませんが、探せちゃうんですね。
つぶやくだけなら簡単ですがそこは準備も必要なのでその点にも触れたいと思います。

では詳しく解説していきましょう

目次

  1. フリーランスエージェント会社からの紹介
  2. ランサーズ、クラウドワークスで仕事を探す
  3. 知人、友人、人脈経由でに紹介してもらう
  4. Twitterで仕事募集してますとつぶやく
  5. オンラインサロン発動のプロジェクトに参加する
  6. FreelanceNow等のフリーランスコミュニティに入って案件に応募
  7. 昭和編:狙った企業に直接メールや電話して営業する

1. フリーランスエージェント会社からの紹介

やはりフリーランスなりたての方におすすめなのが、エージェント会社を使う方法ですね。
エージェントっていうのは企業案件を探してきてくれてフリーランスに紹介します。
その紹介手数料として月に何パーセントか手数料を支払うという感じですね。

これがなぜ一番いいのかと言うと、やはりフリーランスとしてなりたての人は企業の繋がりがある人って少数派ですよね。

そういった方でもフリーランスエージェントであれば企業との繋がりを沢山持っているので、その繋がりを手数料で買うことができます。

面倒な契約、交渉周りをお任せする事ができるので、おすすめです。

2. ランサーズ、クラウドワークスで仕事を探す

次にメジャーなのがランサーズクラウドワークスで仕事を探すということですね。

初めのうちはランサーズ上に実績がないので割と安い単価で実績をつくる事が必要だったりします。
けれども案件を重ねて実績がついてくるとより高単価な案件も受けれる可能性が出てきますね。
実績を作れて高単価の仕事にシフトするような戦略をもって利用するのが良いです。

3. 知人、友人、人脈経由でに紹介してもらう

プログラマーとして何年か仕事をしてきた方であればプログラマーの友人や知人がいるかと思います。
その友人や知人に普段から、仕事を探してる状態だと言うことを伝えて置けば、何かのタイミングで紹介してくれるという事は普通にありますね。

その人の実績と信頼がもちろん必要で、仕事を探してる熱意の本気度を伝えるとより親身になってくれると思います。

肝心の人脈を広げるためには、例えば勉強会に参加したりとか、積極的に社内の人と交流するなどしておくと良いと思います。

ポイントはその人自身に実力と信頼がちゃんと溜まっていることです。
やはり実力と信頼がないと人脈経由で仕事をもらうのは普通に考えて難しいです。
普段から頑張って真面目に仕事しましょうってことですね。

4. Twitterで募集してみる

さてここからは2019年5月時点の令和時代の新しい仕事の探し方の紹介です。

最近Twitterでフリーランスやプログラマーエンジニア界隈のアカウントをフォローしているんですが、タイムラインに「仕事募集しています」というつぶやきがちらほら出てきました。

以下のようなTweetです。

自分の希望する勤務地、年齢、言語スキル、雇用形態など箇条書きにして転職したいのでDMくださいみたいな投稿が結構あるんですよね。
なかには企業側から返事が来ていたりとかしてます。

以下のハッシュタグを付けて投稿していますね。
#hiyokonitsuduke
#Twitter転職

昭和の脳みそだとなんだか考えらんないですよね。
さすが令和時代だなーって感じがします。

twitter転職が有効なのか上手く仕事をゲットできるのかは解からないですが、以下の様な方は可能性高いと思います。

  • Qiitaに役立つ記事や技術レベルが高い投稿をしている。
  • ポートフォリオでサンプルサイトを公開している。
  • Githubに実績がある。
  • 技術ブログを書いていて技術レベルが解ったり、記事が面白かったりする。
  • twitterのフォロワー数が多い

このような人だとtwitter転職が割と現実的にできるとおもいますね。
上記以外の方でも単純に年齢が若かったり、伸びしろありそうな方もチャンスがありそう。

5. オンラインサロン発動のプロジェクトに参加する

最近オンラインサロン流行ってますよね。
エンジニアが活躍できそうなサロンは以下のサロンです。

  • 西野亮廣エンタメ研究所
  • 人生逃げ切りサロン
  • 雑食系エンジニアサロン

オンラインサロンの中からプロジェクトや事業を企画する事もあります。
その時にプログラマーとして貢献できる状態であれば、積極的に参加する事で仕事に繋がります。

サロンの場合はその仕事が直接お金になる時もあれば、そうじゃない場合もあります。
その時はお金の代わりに信頼を得られるという事ですね。
自分のスキルを使って人の役に立って、お金または信頼を獲得すると考えるとよいです。

長期的な目線で繋がりを活用するのがおすすめです。

6. FreelanceNow等のフリーランスコミュニティに入って案件に応募

FreelanceNowというのは約2000名が所属する日本最大級の実名声フリーランスコミュニティです。
ここには様々なジャンルのフリーランスが集結しています。

登録するとfacebook のFreelanceNow非公開グループに入れます。
そこでは案件依頼が結構流れているのでJOINしたい案件に応募する事がきます。

このコミュニティ代表の黒田さんはフリーランス研究家として活躍されています。
フリーランス仲間を集めて、案件を紹介していたら、自然とフリーランスが集まってきて、人がどんどん増えて自分が紹介しきれなくなったそうです。

そこでサイトを作り、フォームに案件を投稿するとFacebookに投稿するように自動化してしまったそうです。
するともっと人が集まってきて、2019/05時点で2,894人 という巨大なコミュニティーになったということです。

自動化してしまうってスゴイですよねー。プログラマーらしくて好きですね。
完全に無料なのでフリーランスの方は登録しちゃうと良いと思います。

FreelanceNowへのリンクはこちらです。
https://freelancenow.discussionpartners.net/

7. 昭和編:狙った企業に直接メールや電話して営業する

実は数撃ちゃ当たるということで、自分で営業したい企業へ直接メールや電話をする方法も実は有効だったりします。
昭和のやり方番外編ということで、心の端っこに置いておいて、困ったときにでも思い出してみてください。

まとめ

以上、フリーランスの仕事の探し方 定番編の3つと令和時代の裏技編というテーマでした。

いやーTwitter転職ってスゴイですよねー。
実績をネット上に構築して、そのリンクがあれば結構現実的ですよね。
フォロワーが多ければリーチできる数も多いので、普段からSNSを本気でやるの重要だったりしますね。

終身雇用の崩壊で一つの会社に依存するのはもうリスクでしかないです。
今後の予想ですが、サロンとフリーランスコミュニティーが増えていきそうですよね。
フリーランスチーム、フリーランスソフトギルドのような単位の集団も生まれると思います。
転職市場も当然盛り上がるので、アンテナ張っていたいですね。


このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を
続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。
また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての
有益な情報をつぶやくので、いいなと思った方はTwitterのフォローをお願いします。

ブログの著者:IT業界10年以上のベテランフリーランスエンジニア。
会社員時代に比べ年収2.5倍にUP。
AWSとGCPの両方でゲーム系インフラの構築,運用と
C#とPHPでのサーバープログラミングの二刀流で絶賛稼働中。
有益なIT情報を発信出来きるように日々IT情報収集が日課です。
ブログではフリーランスやIT情報を毎日更新中です。

自分のスキルレベルと経歴をまとめたページを作りました。
お仕事のご依頼の際には参考にしていただければと思います。

クラウドランス 望月 のポートフォリオサイト

またブログに関する感想やご意見、応援などがありましたら、
こちらから自分宛てにTweetして頂ければと思います。