/ #フリーランス 

中級のフリーランスエンジニアは自分の価値を高めて、副収入を得るべし

フリーランスエンジニアと会社員の仕事内容はほぼ一緒ですよね。
しかし、自己の評価軸、自分の価値を強く意識して働く事が重要です
なぜなら、会社員とフリーランスでは自己評価の軸が違うからです

今回はフリーランスエンジニアに必要な評価軸、副収入についてお話します。

自分は2019/4月時点で5期目のフリーランスエンジニアで、現在ゲーム系案件をSES準委任契約で受けてお仕事をしています。

フリーランスエンジニアとして受注が継続的に取れて、長いこと同じ企業で働いていると分かるのですが、会社員と仕事内容は一緒ですよね。
そして仕事に慣れてきて段々と居心地が良くなってくると思います。

しかし、何も考えずに、そのまま無意識にぬくぬく働いていると、フリーランスとしてのキャリア的にはまずい事になります。
水から茹でたカエルが、お湯が熱くなってもそのまま動けなくなるのと同じですね。

今回は真のフリーランスエンジニアになる為の考え方や副収入の話をします。

目次

  1. 会社員とフリーランスエンジニアの価値観の違い
  2. フリーランスとしての価値と利益を上げるには?
  3. 最終的には自分の商品を持つべし

1. 会社員とフリーランスエンジニアの価値観の違い

hatena

会社員は基本会社の利益を上げる為に働きます。
個人のスキルや成果は最終的には会社の利益に貢献して、貢献度によってお給料として還元されます。

ではフリーランスは何のために働いているのでしょう?
まさか会社の利益の為では無いですよね。

色々価値観は違いますが、フリーランスは端的にお金の為に働いています。

フリーランスは小さい一人会社として考えて見ましょう。
会社は会社の利益を上げる為にがんばっています。

フリーランスは?

そうフリーランスを小さい個人単位の会社とするならば、利益つまりお金の為に働いているのです。

いやいや自分はスキルを上げる為にとか、顧客の信頼を得る為に働いているという方もいるでしょう。
それはスキルを上げると単価UPにつながるし、信頼を得ると、収入のライフタイムバリューが高くなるからです。 つまりフリーランスとしての利益につながるのです。
ここをハッキリと認識しないと、行動指針がぶれてしまいます。

2. フリーランスとしての価値と利益を上げるには?

up

では価値と利益を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか?

SES準委任契約で働いているとしたら、それはいかに自分の価値をお金に替えるかにかかっています。
そうフリーランスは自分という商品をいかに高く買ってもらうかで収入が上下します。

ではここで高い商品とはどういったものでしょうか?

  • スキルが高い
  • 希少性のある技術を持っている
  • プログラミングだけじゃなくマーケティングの思考を持っている
  • コミュニケーション能力が異常に高い
  • 仕事が人よりも早くて正確だ。
  • 有効な人脈をもっている。
  • AWSやGCPで大規模サービスのインフラ構成を設計できる。
  • 技術コンサルティングができる。

ざっと、フリーランスエンジニアが高く売れる為にはこんな所でしょうか。

つまりフリーランスのキャリアプランっていうのは、いかに自己のスキルを高められるかということに尽きます。

フリーランスエンジニアの評価軸は会社員とは違い、いかに自分の価値を高める事に注力できるかに集約されるでしょう。

エージェントを利用してフリーランスになった方は、ほとんどのSES準委任契約で働いていますね。

その多くは会社員の方に混じって同じチーム内で働いています。
同じチームで働いていても自己の評価軸は常に自分主体でなければ、フリーランスエンジニアとして価値を高める事はできません。

会社のビジョンを理解して、会社の利益の為に成果をコミットする事がフリーランスの役目であって、会社員と同じ価値観と行動指針、評価軸で働く事とは違う事をきちんと意識しておきましょう。

3. 最終的には自分の商品を持つべし

youtuber

最近は働き方改革といって副業を推進したりする動きが高まっていますね。

フリーランスエンジニアの価値は直接的なプログラミングスキルのみではありません。
自分のスキル的な価値はSES準委任契約で働いた時に交換できるお金の大きさにのみ影響します。

一つのSES準委任契約の案件に依存するのではなく、複数箇所からの収入源がある事もフリーランスエンジニアとしてのは重要です。

つまり副業や自分の商品を作る事は最重要課題です。

副収入を得る手段としては、ブログ、アフィリエイト、複数案件を掛け持ちする、自作アプリ開発、自社サービス開発、コンサルティングサービスなどなど、色々あります。

こういった自分の商品を持つことは難しいですが、少しずつ準備して育てる事が大事です。

複数箇所に収入を分散させておけば、メインのSES準委任契約での働き方に依存しなくて済みます。
一つの案件に依存していると、交渉力も弱くなりますね。

収入源を複数に分散していることによって交渉を有利に進めることができます。

これからは SES準委任契約のみの働き方をしているフリーランスエンジニアも、副業的なものを行って複数の収入源を確保するのがベストでしょう。

まとめ

今回は中級のフリーランスエンジニアは自分の価値を高めて、副収入を得るべしというテーマでした。

普通のフリーランスエンジニアの方は、SES準委任契約で働いた時の報酬のみの方がほとんどではないでしょうか。

やはりそのままでは収入に限界がきます。
そして労働集約型なので、ラットレースからいつまでも抜け出せません。

やるべき事は自分の価値を最大限高める為の行動指針と評価軸で働く事で、収入UPを目指します。
そして、空いた時間で副収入を得る事ができる自分の商品をコツコツ育てる行動をすべきでしょう。

ゆくゆくは自分の商品、自社サービスでもアプリでもブログでもいいですが、成功させてストック型収入にシフトしたいですよね。

自分もまだまだ模索中ですが、自分の価値を高める事と副収入を作り出す事を日々意識して活動しています。
そこで重要になるのが、マーケティングスキルやビジネス系の知識ですね。
日々このようなインプットを重ねて、ブログで発信しています。

フリーランスエンジニアとして、SES準委任契約の働き方に慣れてきた方や飽きてきた方は、真のフリーランスになるために自分の価値を高める事と副収入を得る事を意識してみてはどうでしょうか。

今回は以上になります。
最後まで見ていただきまして、ありがとうございました。


このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を
続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。
また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての
有益な情報をつぶやくので、いいなと思った方はTwitterのフォローをお願いします。

ブログの著者:IT業界10年以上のベテランフリーランスエンジニア。
会社員時代に比べ年収2.5倍にUP。
AWSとGCPの両方でゲーム系インフラの構築,運用と
C#とPHPでのサーバープログラミングの二刀流で絶賛稼働中。
有益なIT情報を発信出来きるように日々IT情報収集が日課です。
ブログではフリーランスやIT情報を毎日更新中です。

自分のスキルレベルと経歴をまとめたページを作りました。
お仕事のご依頼の際には参考にしていただければと思います。

クラウドランス 望月 のポートフォリオサイト

またブログに関する感想やご意見、応援などがありましたら、
こちらから自分宛てにTweetして頂ければと思います。