/ #freelance 

普通のエンジニアでもフリーランスになれる方法はこれだ!

現在フリーランスになりたいが何から始めたらいいかわからない。
フリーランスって不安定じゃないの?
フリーランスってリスクがあるんじゃないの?
このように思っている方が多いと思います。

今日はそんな方々に向けて、
現役フリーランスエンジニアの自分がこんな疑問を解決します。

自分はプログラミング歴13年、フリーランス経験が4年ありますので
こういった悩みをすでに乗り越えて解決しています。

解決する方法として、まずはフリーランスのメリットデメリットを紹介します。
そしてフリーランスに必要なスキルを知っていただいきます。
最後にエージェントを利用すれば、フリーランスになれるので、
最後までこのブログにお付き合いくださいませ。

目次

  1. フリーランスのメリット・デメリット
  2. フリーランスに必要なスキルとは
  3. フリーランスエージェントについて
  4. おすすめのエージェントは?
  5. まとめ

1. フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスにはメリット・デメリットがあります。基本メリットの方が大きいのですが、知る必要があるので以下にまとめます。

1.1. メリット

  • 報酬が高い
  • 仕事を選べる
  • 嫌な現場だったらやめたらいい
  • 無駄な出世争い、社内政治をしなくていい
  • 残業しなくていい
  • 副業し放題
  • 週3勤務など時短勤務しやすい

以上のようなメリットがあります。
特に強調したいメリットは、月単価が高いということです。

  • 札幌の場合は、50万円から60万円
  • 首都圏ですと60万円から80万円

これは平均的な能力のあるフリーランスであれば、普通に提示される額です

仕事が選べる嫌な現場だったらやめたらいい、社内政治に巻き込まれない等のメリットは、要するに会社員ではないので会社の利益のために行動する必要がないことから発生する利点です。
フリーランスは基本的に自分の事業やスキルアップのために働くのでこういったメリットが発生します。

1.2. デメリット

  • 会社員より不安定
  • 不景気が来た時に先に切られる
  • 社会保険に比べて国民年金はもらえる額が少ない
  • 会社員の仲間ではないので孤独感を感じることがある
  • 自分の成長計画を自分で実行する必要がある

よく言われるのが会社員に比べて不安定であるということです。
これは契約期間が基本3ヶ月毎の契約が多いので、継続案件がもらえないと仕事が切れてしまいます。
リーマンショックなどの不景気が来た時に、まず始めにフリーランス、協力会社を解約します。

孤独感についてはフリーランスは基本一匹狼です。
会社員とはパートナーではありますが、同じ釜の飯を食べる仲間意識のような感覚までを望むことはできません。
フリーランスや協力会社を冷遇する会社も少なからず存在します。

自己成長については会社員であれば役職や出世コースのロードマップがあり、年功序列で給料マップに沿って 給料が上がる仕組みが整えられています。
しかしフリーランスは自分のスキルを上げて、単価アップするために自ら成長する行動を取る必要があります。
つまり勉強したり自分のサービス商品を作ったりもっと単価の高い環境にチャレンジする等の行動をする必要があります。

2. フリーランスに必要なスキルとは

freelance

フリーランスを始めるのに、必要なスキルは実務経験1年程度です。
多くのフリーランスエージェント会社は、このような採用基準を設けております。

フリーランスになるだけであれば 特に難しいスキルは必要ありません 。

しかしフリーランスとして長く活躍したり成長することを目指すのであれば、
上記で書いたデメリットを回避するような勉強や成長する行動を取る必要があります。

これは現在会社員としてある程度役職があって、成長や勉強をしなくてもいいなら、
そっちの方が仕事内容としては楽だと思います。

フリーランスは不安定であるがゆえ、勉強や努力をし続ける必要があります。

3. フリーランスエージェントについて

初めてフリーランスになりたいという方には、フリーランスエージェントを使うのがおすすめです。
フリーランスエージェントというのは、営業をして案件を取ってきてくれる代わりに売上から手数料を支払う仕組みの事です。

エージェントによっては手数料を公開していますので、
エージェント会社のホームページを見ると良いと思います。

自分自身エージェントを利用して案件を取得していただいてますが、
今まで一度も案件が途切れたことがないです。 4年間の間で3社の案件で仕事させて頂いたので、
平均すると1社で1年以上のプロジェクトで仕事してきました。
エージェントを利用すると仕事が継続的に安定するので、
フリーランスなりたての方にはお勧めです 。

もちろん自分で営業して案件を取得することもできますが、
フリーランスなりたての方には正直ハードルが高いと思います 。

4. おすすめのエージェントは?

札幌案件の場合

スキルマーク

札幌でフリーランスになりたい場合は スキルマークがおすすめです。
自分自身ここのエージェントを利用していますが、安定的に案件を紹介してくれます。
季節毎にはフリーランス同士の飲み会もあり、フリーランス同士交流もできます。
本気でフリーランスエンジニアになりたい方は自分から紹介もできます。
TwitterをフォローしてDMください。

公式HP:登録はこちら

紹介:Twitterをフォローする

PE Bank

北海道支店があり、老舗なので札幌でフリーランスを探すときにはおすすめです。 PE-BANKでは、マージン率が稼働月数により一律で決まっていて、HPで公開しています。 エンジニア同士の交流会が頻繁に行われていますので、横のつながりができるのでがいいです。 確定申告のサポートもしてくれるのも初心者に優しいですね。

首都圏の場合

株式会社サクヤ

社長は元フリーランスでWEBエンジニア!業界に精通しており、いろいろな会社とコネクションがある為、 案件数、案件の種別も豊富! また業界ではめずらしく、50代でも可能な案件もあるので、年齢層は幅広くご提案頂けます。 特にJAVA案件が多いので、JAVAエンジニアにはお勧めです。 高額報酬案件多数あり!

ソリッドシード株式会社

「エンジニアルート」は、ITに特化したフリーランスのエンジニア/デザイナー専門の案件紹介サイトです。 他エージェントとは違い、カウンセラーとユーザー(企業)側の担当を分けず、一気通貫で担当しています。 弊社代表や役員も率先してお会いしておりますので、フリーランスならではのお悩み相談もお聞きしています。

フォスターフリーランス

1.取引先を担当している営業がカウンセリング コーディネーターなどの専任スタッフが事前にお会いするケースが通常多いですが、エンジニアルートでは、日々飛び回っている営業や役員がカウンセラーとして直接皆様とお会いし、最新でリアルな情報をお伝えいたします。 また、状況毎に担当が変わることがないため、話も伝わりやすく安心して作業をして頂ける環境です。

2.営業力を活かした幅広く豊富な案件 汎用機系~オープン・WEB系、インフラ・サーバ系や、コンサルティング、PM、PMO、システムエンジニア、プログラマー、ヘルプデスク・サポート系、ディレクター、WEBデザイナーなど幅広い職種や言語にも対応しております。その他、英語や簿記(会計)を活かした求人もございます。役員や営業チームが抱えている案件のほか、万が一ご希望に合わなかった場合は、ヒアリングした内容を元に、新規開拓を行い、新たな案件をご提案いたします。

◆ターゲットユーザー◆ ・25歳~45歳までのフリーランス、 またはこれからフリーランスを始めてみようと考えているITエンジニア

首都圏の案件の場合は大手の方が一時案件のことが多く、営業部隊も多いのでおすすめです。

5. まとめ

皆様いかがだったでしょうか?

フリーランスになろうか迷っている方の背中を、少しでも押すことができたかと思います。

少しの実務経験があれば誰でもフリーランスになることができます。

なりたい場合はフリーランスエージェントを頼ればいいのです。

フリーランスになった後は継続して案件を取れるように、勉強と努力をすればいいのです。

やることはシンプルです。

自分はフリーランスになってデメリットやメリットを実際に経験してきましたが、圧倒的にメリットの方が大きいです。

フリーランスになろうか迷っている方は、思い切ってチャレンジしてみてはどうでしょうか。

このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての有益な情報をつぶやくので、いいなと思ったかたはTwitter 札幌のフリーランス@クラウドランス望月フォローをお願い致します。 フォローする