/ #フリーランス 

40代50代の年齢でもフリーランスエンジニアになれる?【経験者が徹底解説】

フリーランスエンジニアに40代50代からでもなれるの?
会社員からフリーランスに転向すると収入面で不安だなー
税金を多く取られてしまうかも?

今回はこのような疑問に答えます。

先日このようなツイートをしました。

すると、冒頭の質問や不安が寄せられたので、
その時にした解答を深堀りして説明します。

結論としては、40代50代の高年齢からでもフリーランスエンジニアになれますし、
収入面や税金などの心配もほぼ無いです。
リモートワークで働いたり、残業をしない事で、家族との時間も増やせます。

この根拠と具体例をくわしく解説します。

目次

  1. フリーランスエンジニアに40代、50代の高年齢でもなれるのか?
  2. フリーランスエンジニアの報酬で家族を養える?
  3. フリーランスに転向する時の年収比較
  4. 税金は会社員と比べて増えるのか?
  5. リモートワークや残業しない事で家族との時間が増える?

1. フリーランスエンジニアに40代、50代の高年齢でもなれるのか?

結論から言ってしまうと40代50代でもフリーランスエンジニアになれます。

その理由はスキルが40代50代では成熟しているので、
企業側からも十分に需要があるからです。

とは言っても、年齢がネックになって働きにくいのでは?
と不安になりますよね。

ですが、実際に自分の周りでは40代50代のフリーランスエンジニアが活躍しています。

具体例として、私の知っている50代以上のフリーランスエンジニアの
経歴やスキルセットを紹介します。

一人目のA氏はMySQLに精通している大手ゲーム系出身のベテランエンジニアでした。

この方は自身の著書を持っているほどデータベースに精通しています。

その高いスキルと経験が評価されていて、
現場ではMYSQLのスロークエリの改善などの業務を行っていました。

フリーランス歴も長く、現場で十分に信頼されて活躍されてました。

二人目のB氏は電子カルテ案件の時に同じチームで働きました。

C#で.netアプリケーションを開発していて、十分に業務をこなしておりました。

それぞれお二方ともフリーランスエンジニアとして十分に仕事が成り立っていました。

そして次の案件に移る時も間を開ける事なく次の現場へ移ったので、
高年齢でも十分企業先からの需要がある事がわかります。

フリーランスエンジニア同士の飲み会をいままで4,5回経験しましたが、
40代50代で活躍されているフリーランスエンジニアの方が3,4割はいました。

結論としては、高年齢でもフリーランスエンジニアの方は存在しますし、
しっかりと活躍されています。

ですので、ベテランエンジニアとしての成熟したスキルがあるのであれば、
40代50代からでも十分フリーランスエンジニアに転向する事は可能でしょう。

2. フリーランスエンジニアの報酬で家族を養えるのか?

family

フリーランスエンジニアの平均的な収入は60から80万円ですので、
十分に家族を養える収入を得ることができます。

地方に行くと収入は10万円ほど下がりますが、
それでも十分な収入を得る事ができます。

きちんと青色申告で確定申告をする事によって、
税金が会社員時代より多く取られて、手取りが下がるという事もないです。

会社員と比べて、収入面が不安定と一般的に言われます。

しかし、フリーランスエージェントを利用する事で、
案件が途切れるリスクを最小限にする事もできますし、
そこまで不安定になることはないです。

スキルが十分にあり実力を発揮して企業側に信頼されることによって
そのプロジェクトが完成するまでちゃんと継続ができると思います。

プロジェクト期間はものにもよりますが、
短期中期案件で3-12ヵ月、長期案件で1,2年くらいです。

プロジェクトが完成しても、信頼されていれば、
おなじ企業の次のプロジェクトを任される事も十分にあります。

40代50代のベテランエンジニアともなればスキルセット的にも
経験的にも成熟しているので企業側にも求められるはずです。

3.フリーランスに転向する時の年収比較

フリーランスになるときに気になるのが、
今よりどれくらい収入が増えるのならフリーランスに転向するのが妥当なのか?
という事ですよね。

一般的には1.5倍から2倍以上増えるのならば、
フリーランスになる価値があるといわれています。

これは若い世代で月給が20-30万円の人の考え方で、
40代50代の方には当てはまらないと思います。

ベテラン正社員の年収を500-800万円と仮定します。
一般的な妥当な額を計算すると、700万の1.5倍は1050万円になります。

フリーランスエンジニアの年収としては1000万円越えは難しいです。

フリーランスエンジニアとしての年収を60万円×12ヶ月で720万円と仮定します。

正社員として現時点で720万円以上年収がある方は
そのまま正社員として働いていた方がいいです。

退職金や年金、正社員としての安定性考えると正社員のままの方が得策ですね。

年収600万円だとしたら、フリーランスに転向しても120万円増えるだけです。
リスクを慎重に考えて、判断したほうがいいですね。

年収500万円なら差額200万以上なので、フリーランスに転向する価値があります。

年収500万円以下なら、今すぐフリーランスに転向して人生逆転するのがいいです。
収入面でぐっと楽になると思います。

4. 税金は会社員と比べて増えるのか?

tax

税金に関してはフリーランスエンジニアは個人事業主なので青色申告をします。

会社員に比べて個人事業は経費に含めることができる範囲が広いので
より節税することができます。

つまりサラリーマンよりも税金はかからないと考えてよいでしょう。

最近はクラウド会計ソフトの性能が良いので会計Freeeなどを使えば
確定申告は割と簡単にできます。

参考リンク
フリーランス一年目の初心者向け確定申告のやり方と時期、事前準備について

5. リモートワークや残業しない事で家族との時間が増える?

フリーランスエンジニアの働き方は自分次第で
どれだけ働くかをコントロールできます。

フリーランスエンジニアあればしっかりと仕事をこなし、
スケジュールに遅れがないのであれば定時で帰ることは簡単にできます。

早く帰ることによって家族との時間は増えるでしょう。

またリモートワークで働くと家族と過ごす時間が増えるでしょう。

会社員であればサービス残業をしなくてはいけなかったり、
周りの雰囲気で帰りにくかったり、
定時で帰ると上司からの評価が下がったり、
なかなか定時で帰りにくい雰囲気がありますよね。

その結果家に帰るのが夜9,10時なんてことになれば
家族と過ごす時間はほんのわずかです。

特に家族との時間を大切にしたいのであれば、
定時の時間を4時や5時にして欲しいと
エージェントを通じて労働時間を交渉することも可能です。

まとめ

以上、40代50代の年齢でもフリーランスエンジニアになれるのか?
というテーマについての解説でした。

結論としては、フリーランスエンジニアになれるし、
ベテランのスキルは企業側にも歓迎される事が多いです。

しっかりとチーム内で実績を上げる事で、企業側に信頼されていれば、
世間一般で言われるような不安定さもないですし、
収入面でも高い収入を得る事ができます。

信頼された状態で働く時間を交渉したり、リモートワークをすれば
自由な時間や家族と過ごす時間も増えます。

青色申告で確定申告をすれば会社員時代よりも税金は下がるでしょう。

現在の収入に不満があれば、フリーランスエンジニアへの転向を
考えてみてはいかがでしょうか?

初心者の方がフリーランスエンジニアになるには、
フリーランスエージェントを利用するのが近道です。

参考になる記事がありますので、リンクを載せておきます。

現役のフリーランスが解説する登録すべきおすすめのフリーランスエージェント TOP5

以上、40代50代の年齢でもフリーランスエンジニアになれるのかという記事でした。

このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を
続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。
また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての
有益な情報をつぶやくので、いいなと思った方はTwitterのフォローをお願いします。

ブログの著者:IT業界10年以上のベテランフリーランスエンジニア。
会社員時代に比べ年収2.5倍にUP。
AWSとGCPの両方でゲーム系インフラの構築,運用と
C#とPHPでのサーバープログラミングの二刀流で絶賛稼働中。
有益なIT情報を発信出来きるように日々IT情報収集が日課です。
ブログではフリーランスやIT情報を毎日更新中です。

自分のスキルレベルと経歴をまとめたページを作りました。
お仕事のご依頼の際には参考にしていただければと思います。
クラウドランス 望月 のポートフォリオサイト

またブログに関する感想やご意見、応援などがありましたら、
こちらから自分宛てにTweetして頂ければと思います。