/ #フリーランス 

新常識「フリーランスチーム」ってなに? 実際に現役フリーが情報交換特化チーム作ってみた

フリーランスがチームを組んで仕事をする時代がきています。
企業でもなくチーム?会社じゃないの?そんな案件あるの?
フリーランスって1人だから気楽なんじゃないの?

今回はこんな疑問に答えます。

自分は最近フリーランスチームを作れるプラットフォーム「Teamlancer」で 実際にチームを作りました。

そしてその時に、フリーランスチームってなんぞや?と疑問に思って色々調べまくったので、今回ブログにまとめます。

結論から言うと、まだ発展途上の働き方ではあるが、今後働き方がどんどん多様化するので、フリーランスのチームという可能性、選択肢も有りです。
自分は新しい物が好きなので、実験的に情報交換を目的としたチームを作って運用してみます。

目次

  1. フリーランスチームってなんぞや?
  2. メリット・デメリット
  3. Teamlancerというプラットフォーム
  4. チーム「札幌アルコール駆動開発」を作りました

1. 1. フリーランスチームってなんぞや?

フリーランスがチームを作って、案件やプロジェクトを進める事例が最近少しずつ出てきています。

フリーランス一人では受けれる仕事が限られたり、単価低下圧力が強く、どうしても弱い立場になりがちです。

チームとして得意分野を持ち寄ってプロジェクトチームを作れば、より大きな案件を受けれたり、一気通貫でプロジェクトを遂行できる可能性が広がります。

企業体ではない柔軟な新しい組織として最近注目されています。

副業じゃなく複業

副業といえば、本業の空き時間に片手間にやるようなイメージですが、
複業というのは本業とは別に第二の本当の仕事という意味合いが強いです。
パラレルワークという意味合いが強いでしょうか。

フリーランスチームと複業が相性がいいです。
つまりフリーランスとして本業があって個人で稼いでいて、更にそのスキルを生かしてチームとして好きなプロジェクトにコミットするような働き方が理想ですね。

2. メリット・デメリット

メリット

  • 一人では出来ない仕事をチームで出来る
  • 得意分野を活かせる
  • 不得意分野を任せられる
  • 一気通貫でプロジェクトを作成できる
  • メンバー間で情報交換ができる
  • 受注できる仕事の幅が増える

一人では出来ないけれと、チームであれば一気通貫でWebサービスを作り切る事とかできそうですよね。
フロントエンジニア、バックエンドエンジニア、デザイナー、マーケッターの4人がいれば、理想のWebサービスが作れそうです。Webサービスを発注したい企業から受注する事も出来そうです。
そうなれば受注単価も上がり、結果的にチームのほうが稼げるチャンスが広がるかもしれません。

たとえ仕事の受注をしなくても、メンバー間で情報交換が出来る事がメリットですよね。
フリーランスは基本一人なので、横の繋がりができれば、単価情報や企業情報など、フリーランス同士の貴重な情報源になりそうです。

デメリット

  • メンバーのマネジメントが必要
  • メンバー間のコミュニケーションコストが掛かる
  • 安定的に案件が受注できるかはチーム次第
  • フリーランスは元々一人で仕事したいのでは?
  • 売上がメンバー間で分散する
  • スキルレベルの差が大きいと疲弊する
  • 報酬の分配のトラブル
  • フリーランスゆえのチーム結束の難しさ

まず考えられるのが、フリーランスは独立志向が強いので、チームが成立するのかって所ですよね。

一人社長になりたかったのにチーム?フリーランスなのにマネジメントが必要?
なんだかそれ上手くいくの?
って不安になります。

実際にクラウドソーシングの「ランサーズ」にはフリーランスチームを組む機能があってチームが登録されていますが、稼働中のものは少ないです。

スキルレベルが違うとチームが上手く機能しないですし、報酬の分配方法も日本人気質が邪魔をして ストレスになりそうです。

3.Teamlancerというプラットフォーム

デメリットが結構目立つようですが、ここで朗報です。

「フリーランスやパラレルワーカーの方々が、最適なチームを組み、チームとして生産性を高め、活躍できる環境を創る」というミッションを掲げているサービスがあります。

それが、フリーランスチームプラットフォームの「Teamlancer(チームランサー)」 です。

TeamlancerはどんなWebサービスなの?

フリーランサーやパラレルワーカーのためのチーム支援プラットホームです。
SNSのようにプロフィールを作り、チームを作ってメンバー募集ができます。
チームに案件発注する機能や、ちょっとした相談をする機能があります。

機能の概要

  • フリーランスのチームを作れる
  • チームのタイムライン投稿
  • チームのポートフォリオの追加、表示
  • フリーランスのプロフィール作成
  • フリーランスの一覧表示
  • プロジェクトというチームへの案件発注
  • ZAKKURIというちょっとした仕事相談
  • 運営のコンシェルジュが最適なチームを紹介(有料)

登録の仕方とチームメンバーの応募方法

右上の会員登録でFacebookの認証します。
実名登録が基本になります。

プロフィールを作成して、自分の実績やポートフォリオを登録します。

チームメンバーになるには、まずは気になるチームを探します。

入りたいチームがあったら、メンバー募集タブからメッセージを送信しましょう。
メッセージを投げて、リーダからの返信を待ちます。

リーダーから「どうぞご参加ください」とか返信がくれば、メンバーに追加されるでしょう。

リーダーがメンバー追加するには、チーム編集からメンバー追加操作を行うのですが、
仕様でチームリーダーと相互フォローである必要があるので、リーダーをフォローしましょう。

チームをフォローする機能もありますが、リーダーをフォローする必要があるので、間違えないようにしましょう。

4. チーム「札幌アルコール駆動開発」を作りました

まずは情報交換を目的としたソフトなチームを目指しチーム「札幌アルコール駆動開発」を作りました。

札幌のフリーランスの方やフリーランスになりたい方の為に、お酒の力を借りて楽しく情報交換をするのがこのチームの最初のミッションです。

フリーランスになりたいけど勇気が無い、フリーランスの実情を知りたい方に現役フリーランスの生の声を聞ける場を提供したくて結成しました。

現役フリーランス同士も横の繋がりができて、単価情報やフリーランスに理解の有る優良企業の情報など生の声を共有する目的もあります。

フリーランスチームのデメリットの大きさと発展途上で有る事を考慮してスモールスタートを目指しています。
ですので、めんどくさいマネジメントや案件受注、報酬分配のトラブルとは無縁のチームを目指しますので安心して参加してください。
現在の趣旨は単純にフリーランスの情報交換の場、飲み仲間の募集という事です。

チームとして信頼感、メンバーの性質、個性が十分に相互理解してから次のステージに進みたいと考えております。

直近の活動としては夏のビアガーデンイベントを企画しています。
ビアガーデンシーズンはもうすぐです。お早めの申し込みをお待ちしております。
興味有る方はこちらのリンクからメンバー募集していますので、是非ご参加ください。
メンバー募集はこちら

まとめ

今回は「新常識「フリーランスチーム」ってなに? 実際に現役フリーが情報交換特化チーム作ってみた」というテーマで話しました。

フリーランスという働き方が昨今注目されていると思ったら、今度はフリーランスチームですもんねー。
最近の働き方の多様化には驚かされるばかりです。

それもこれも、終身雇用崩壊、45歳のリストラ、個人の時代、年金崩壊、定年退職70歳説など、昔の常識では考えられないような雇用リスクが大きいかたですよね。

これに伴い若い人の働き方も「専業」より「複業」ベースが新常識になっています。
スキルベース、個人の力を重視する傾向にあります。

そんな中フリーランスのチームという選択肢は今後ますます広がってくると予想されます。
取り残されないように今のうちにチームという柔軟な働き方に慣れる必要がありますね。

そこで「札幌アルコール駆動開発」です。

まずはここでフリーランスチームとはどんなものか練習台として使ってください。
メンバー募集のリンクはこちらなので、是非ご参加くださいませ
参加ページはこちら

以上、「新常識「フリーランスチーム」ってなに? 実際に現役フリーが情報交換特化チーム作ってみた」でした。


このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を
続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。
また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての
有益な情報をつぶやくので、いいなと思った方はTwitterのフォローをお願いします。

ブログの著者:IT業界10年以上のベテランフリーランスエンジニア。
会社員時代に比べ年収2.5倍にUP。
AWSとGCPの両方でゲーム系インフラの構築,運用と
C#とPHPでのサーバープログラミングの二刀流で絶賛稼働中。
有益なIT情報を発信出来きるように日々IT情報収集が日課です。
ブログではフリーランスやIT情報を毎日更新中です。

自分のスキルレベルと経歴をまとめたページを作りました。
お仕事のご依頼の際には参考にしていただければと思います。

クラウドランス 望月 のポートフォリオサイト

またブログに関する感想やご意見、応援などがありましたら、
こちらから自分宛てにTweetして頂ければと思います。