/ #ブログ #テクノロジー 

このサイトをHugo+Netlify+Netlify CMS+Gitlabで作った時に苦労したこと

結論、Hugoは爆速、Netlifyも超簡単。でもNetlify CMSの設置はとっても罠が多くてあきらめかけた。 なのでハマりポイントを話します。

Netlify CMSってなに??

https://www.netlifycms.org/

Hugoは静的サイトジェネレーターなので、基本黒い画面でコマンドベースで更新してvimで中身書いてgit pushするとNetlifyがデプロイしてくれて最高!なのですが、CMSを設定すると、ブラウザ上の管理画面を設定してくれて、ブラウザ上で更新作業ができるようになります。かなり便利ですよね。 でも設置がすごく大変でした。

ハマりポイント

  1. サンプルデプロイが超簡単なので、簡単なのかなと勘違いする。
  2. 自分のHugoサイトに設定しようとすると、サンプルとの難易度のギャップに戸惑う
  3. admin/configとindexになに書けばいいかサンプルが少ない。
  4. gitlabとの認証設定を手探りでやっていて、user登録がサンプルデプロイ時と違うのでハマる

解決方法

公式DocをGoogleさんに翻訳してもらいながら3と4を地道にTry&Errorを繰り返しました。もうこれしかありません。他サイトは自分の環境と同じでは無いので、あまり参考にならなかったです。

無事に設定完了してCMS設置後の感想

やっぱりCMSでグラフィカルに記事作成、更新できるとめっちゃいいです。スマホから更新できるレベルなので、PCでWSLでLinux立ち上げてとかしなくていいので更新する心理的ハードルがすごい下がると思います。CMSで更新すると内部で次のように自動処理されます。CMSで更新 → gitlabにpush → pushを検知してNetlifyがデプロイ。そして静的サイトなので、早いです。 WordPressなんて今すぐ捨ててしまうといいです。

最後に

このブログでは最新のITテクノロジーを追って今後も情報発信を続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての有益な情報をつぶやくので、いいなと思ったかたはTwitter 札幌のフリーランス@クラウドランス望月のフォローをお願い致します。 ではみなさん頑張ってください!!僕も頑張ります!!