/ #読書 #ブログ 

1割も伝わらない「伝え方が9割」史上最弱の読書感想文

ここだけの話ですが、この本を読むとお願いの達人に変身します。
この本を読んで、めちゃくちゃ、めっちゃ得をしました。
お願いのコツは相手との共作。その秘密を公開しましょう。

こんにちは、クラウドランスの望月です。
今回は文章術の最強書籍「伝え方が9割」のまとめ記事です。

この書籍を読んで信じられないくらい、得をしたので、
その得を皆さんに共有したくこのブログを書いています。

「伝え方が9割」の内容は大きく2つです。

「NoをYesに変える言い方」
「強いコトバ 人を動かすエネルギー」

以下、書籍の内容をポイントを絞って短くまとめて、
自分の解釈とともに解説します。

目次

  1. 信じられない、これどんな本?
  2. 秘密のNoをYesに変える言い方
  3. 強いコトバ・人を動かすエネルギー
  4. 強い長文・ブログへの応用

1. 信じられない、これどんな本?

心に響くコピーには技術と法則があります。

「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」
「これは私の勝利ではない、あなたの勝利だ!」

印象的なセリフですよね。

鋭い方は気づいたかもしれませんが、
これは反対のコトバをあえて前半につけています。

言いたい事は「事件が現場で起きている」だけです。
わざわざ「会議室」の情報はいりません。

しかし、この反対の「会議室で起きていない」というコトバを
つける事でギャップがうまれ、より現場の緊張感が引き立つのです。

このように、印象的なコトバを作るには料理のレシビのように、
やり方を学ぶと意図的に作れるのです。

何事も自己流でやるのではなく、
専門家に学んで一気にレベルUPするのが得策です。

この書籍ではその技術とやり方を学べます。

2. 秘密のNoをYesに変える言い方

例えば相手をデートに誘いたい時、どっちの言い方がいいとおもいますか?

①「デートに行かない?」
②「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」

②のほうがOKされる可能性が高いですよね?

このようなお願いの仕方にも料理のレシピのように法則があるのです。

基本の法則は以下の3ステップです。

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない。
  2. 相手の頭の中を想像する。
  3. 相手のメリットと一致するお願いを作る。

具体的に考えると、

  1. デートに誘う場合は、「デートに行かない?」と言わない。
  2. もし自分が相手ならと想像して、デートっぽいのは恥ずかしいけど、
    食事くらいならOKかもパスタとか好きかな。
  3. 旨いパスタというメリットで誘う。デートというコトバを使わない。

この様に言い換えてお願いすることで、
Yesをもらう可能性がグッと高くなります。

上記の他にも以下のようなテクニックもあります。

  • 相手の好きな事をおりまぜる
  • 嫌いな事を想像させて回避させる
  • 人は決断するのがニガテ、Yes前提の2択で誘う
  • 承認欲求を刺激する
  • 「あなた限定」の魔法
  • チームワーク化
  • 感謝してからお願いする

3. 強いコトバ・人を動かすエネルギー

例えば、リンカーン大統領の言ったこんな名言があります。

「人民の人民による人民のための政治」

なんとも力強いメッセージですよね。

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。」

オバマ大統領の勝利宣言です、とても印象的です。

オバマ大統領はとてもスピーチが上手かったですよね。
これには秘密があり、スピーチ専門の凄腕ライターがついていたそうです。

このようなプロのライターの方々は人を感動させる為の、
「強いコトバ」のテクニック集を持っています。

その「強いコトバ」を作る技術を見て行きましょう。

3-1.サプライズ法!

コトバに驚きのコトバをつけるだけです。

例えば、「語尾に!」「そうだ、」「あ、」のようにです。

「いい天気」⇒「いい天気!」

「京都に行こう。」⇒「そうだ、京都に行こう。」

「小林製薬」⇒「あ、小林製薬!」

単純に「いい天気!」とビックリマークをつけるだけなのに、
なんか勢いがでて、感動が伝わりますよね。

「あ、」ってなんだよって感じだけど、なんか気になる響きです。
サプライズ法!にもビックリマークをつけて、勢いをだしてみました。

3-2. ギャップ法 反対のコトバをつけろ

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。」
「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」
「嫌いになりたいのに、あなたが好き」

これらは反対のコトバをつけているギャップ法を活用しています。
偶然に印象的なコトバになったのではなく、意図的に作られています。

作り方は3ステップ。

①最も伝えたいコトバを決める。
②反対のワードを前半に入れる。
③前半と後半がつながるように文脈を作る。

例えば、「私は味方です。」を考えると、
味方の反対は「敵」です。
「敵」を使って、前半部分の文章を考えてくっつけます。

「世界中の人が敵になっても、私は味方です。」

どうですか?かなり味方になってくれそうな文章になりましたね。

他にも以下のテクニックが書籍に載っていました。

赤裸々法 体の反応をコトバにいれる
リピート法 ヤバイよ、ヤバイよ~
クライマックス法 ここだけの話ですが

4. 強い長文・ブログへの応用

まず人は長文を読みたくないと思うべし。
読んでもらうためには、注目される面白い文を意識するべきです。

注目される読まれる文を作る時にも「強いコトバ」を使う事で、
緩急あるメリハリボディーでボン・キュッ・ボンの長文を書けます。

ボン・キュッ・ボンの長文4手順

  1. 「強いコトバ」で印象的なタイトルをつける。
  2. 先を読みたくなる出だし文を作る。
  3. 中盤の文章の要所にサビのように「強いコトバ」を使う
  4. 出だし文で使ったコトバでフィニッシュする。

文章の全てに「強いコトバ」を使っても意味がありません。
ジェットコースターのように高低差が大事なのです。
ギャップが生まれず「強いコトバ」が活かせません。

最後にまとめです。

文章は人の心をどれだけ動かせるか!
たんなる駄文のブログでは意味がない。
技術とレシピで最大限に心を揺さぶるべし!

まとめ

以上[1割も伝わらない「伝え方が9割」史上最弱の読書感想文]でした。

結論、この書籍を読んで本当に良かったです。
文章を書く人はもちろん、前半の「NOをYesに変えるお願いのやり方」は
だれもがやくに立つやり方で超ためになる内容です。

それに、文章術のスペシャリストが書いた書籍なので、
それはもう本当に本当に、読みやすかったです。

さすが「伝え方が9割」と主張しているだけあるなーと感じましたね。

ここだけの話ですが、自分が願いの達人になってしまったかどうかは、
実ははまだ解らないのです。

これから少しずつ、少しずつ実践して試していきたいですw


このブログではフリーランス情報やプログラミング情報の発信を
続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。
また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての
有益な情報をつぶやくので、いいなと思った方はTwitterのフォローをお願いします。

ブログの著者:IT業界10年以上のベテランフリーランスエンジニア。
会社員時代に比べ年収2.5倍にUP。
AWSとGCPの両方でゲーム系インフラの構築,運用と
C#とPHPでのサーバープログラミングの二刀流で絶賛稼働中。
有益なIT情報を発信出来きるように日々IT情報収集が日課です。
ブログではフリーランスやIT情報を毎日更新中です。

自分のスキルレベルと経歴をまとめたページを作りました。
お仕事のご依頼の際には参考にしていただければと思います。

クラウドランス 望月 のポートフォリオサイト

またブログに関する感想やご意見、応援などがありましたら、
こちらから自分宛てにTweetして頂ければと思います。