/ #プログラミング #テクノロジー 

WSLを使ってWindowsでLinux動かす方法

ブログを作ったり、Linux上で軽い作業をしたい時ってありますよね?
WSL(Windows Subsystem for Linux)を使って、簡単にLinuxを動かす方法を
なるべく丁寧に解説します。

WSLを有効化する

  1. 左下の検索欄に「Windowsの機能」と入力します。
  2. 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。
  3. 「Windows Subsystem for Linux」にチェックします
  4. PCを再起動します

Storeでlinuxをダウンロードする

  1. 左下の検索欄に「ストア」と入力します。
  2. 「Microsoft Store」を選択します。
  3. 検索欄に「Linux」と入力します。
  4. 「Ubuntu」又は好きなディストリビューションを選択します。
  5. インストールを押します。

linuxを起動させる

  1. 左下のスタートメニューから「Ubuntu」を選択します。
  2. Ubuntuが立ち上がり「Installing, this may take a few minutes…」と表示されます。
  3. 時間かかかるので、アプリを右クリックして「タスクバーにピン留めする」をすると良いでしょう。
  4. だいたい10分くらいで、無事に立ち上がります。
  5. 初期ユーザとパスワードを聞かれるので、入力します。

まとめ

どうでしたか?案外かんたんにLinuxが立ち上げられたでしょう。 ではステキなLinuxタイムをーー!

このブログではフリーランスになりたい方の為に今後も情報発信を続けていこうと思うのでぜひ応援お願いします。また、Twitterでも日々の為になる技術情報やフリーランスについての有益な情報をつぶやくので、いいなと思ったかたはTwitter 札幌のフリーランス@クラウドランス望月のフォローをお願い致します。

それでは、みなさん今年もよろしくお願いしますーー!